資産運用に金が向いている理由

①資産運用の中で金が信用されている理由

資産運用を考えるのであれば金は外す事は出来ないものと考えた方が良いかも知れません。勿論、資産運用はそれをする本人が全責任を持ってする事なので、何を運用するのかという事はその人が責任を持って考えるという事になるわけですが、その時に重要になるのは何が将来的に価値をもつことになるのかという事を考えるという事になります。

資産運用というのはこの将来を予測するという事だと考えれば、運用するものは将来的に価値が出てくる可能性が高いというように考えられるものにするという事になるはず。

では、どのようなものが価値が出る事になるのかという事はハッキリ言えば誰にも正確に予測する事は出来ませんから、誰がどのような事を言おうとも、それが予測の範疇を超える事はありません。

預言者のような人でも未来を見てきたわけでは無いのですから、将来的に価値が出るものを正確に予測する事は出来ないわけで、出来るのはこの金融商品は他の金融商品よりも価値が出る確率が高いかもしれないというぐらいの事で、これを確実に予測するという事は誰にもできないという事になるのです。

とすれば、何を信用するのかという事になるわけですが、一つの考え方としてこれまでの歴史を信用するという事もあっていいでしょう。人の歴史において100年間価値が上がり続けたものであれば、今後も上がり続けるというように予測するのはかなりの高い確率で当たる可能性があるという事は言えます。

たった1年で価値が上昇したものと、100年間上昇し続けているものとでは、その信頼性という事において明確な差があるという事は間違いありません。

②金の価値は歴史が証明している

では、金はどうなのかというと、人がこれを見つけてからずっとその魅力に取りつかれているといって良いぐらいに歴史がその価値を証明しているといって良いでしょう。何しろ全世界でお金として通用することが出来た唯一の物でもあるのです。

今のように昔は貨幣という物がなく、現物によってすべての取引は為されていて物々交換というものが経済を支えていた時代がありました。

ですが、これがあまりにも価値が認められるものとなったので、現物との交換でも使用されるぐらいになったわけです。これがどれぐらいに凄い事なのかというと、世界中の人がその価値を認めたという事になるわけですから、例外なく全ての人が欲しいと考えるものとなったということが凄いわけ。

今でも世界中の人が恋焦がれてやまないのが、この物質ですからこれが如何にとんでもない事なのかという事もイメージすることが出来るのでは無いでしょうか。興味がないという人がいない程に価値が認められているものはこれ以外にはないといって良いかも知れません。

そのため、実物資産というような事も言われるようになっているのも特徴的で、資産運用の商品のように使う事も出来ながら実質的な価値をもっているという事もあると考えられるようになっているわけです。

③金は価値がゼロになることがない

この実質的に価値があるという事は極めて大切な事で、価値がゼロになる事が無いという事を確実視されているという事です。そのようなものはこの世には、これ以外にはなくこの存在という物が極めて稀有な存在ということが理解できるでしょう。(・参考サイト:ゴールドリンクゴールド

物の価値というのはどれだけの人が認めるのかという事でその価値が変わるということにもなるわけですが、万人がその価値を認めていて、それが何千年という時を超えて無くなることが無かったという歴史を考えれば、この金の魅力が如何に凄いのかという事を証明するには十分でしょう。

これが将来的に無価値になるというように考える事の方が無理というのは当然という事になります。

人の歴史というのは様々なモノの価値が目まぐるしく変わる歴史という事でもありますが、これほどに価値が認められ続けていきたという物はありません。

極めて特殊な材質であるという事は間違いない所で、最近では伝導性に優れているということで工業製品などでも使用されるようになっており、既に実需というものでも欠かす事が出来ない材料となったといって良いでしょう。

こうなると工芸品として使われる、産業としても欠かす事が出来ないという事になり、アートとしても部品の材料としても必要な物という事になるわけで、これに対する需要が無くなるという事はまず考えられません。

勿論、可能性がゼロという事は無いわけですが、他のモノと比較するとその可能性は極めて小さいという他ありません。という事になれば、それを資産運用に組み込むというのは当然という事にもなるはずです。

ですから多くの人がこれを資産運用の主軸として考えるようになったという事でもあります。これから世界的には人口が増えるというようにも予測されていますから、そうなればまず多くの需要が見込まれるという事にもなっていきます。

何しろ何千年と需要が無くなる事が無かったわけですから、それが今後急に無くなるというような事は考えられません。

和商コーポレーションの餃子の特徴

●和商コーポレーションと餃子の関係

宇都宮市の名物として挙げられるのは餃子であると言う方は少なくありませんし、餃子が有名な地域として宇都宮を挙げる人も少なくありません。

もちろん餃子はラーメンなどと一緒に日本全国どの地域でも食べられていますが、宇都宮の認知度が高いことは間違いないですし、実際に駅前などに出向くと専門店が立ち並んでいるのを確認することが出来ます。

そして近頃では和商コーポレーションなどの食品メーカーがネット通販サイトなどのサービスを充実させるようになってきています。

元々は中華料理であったメニューが何故栃木県で親しまれるようになったのかについて不思議に感じている方も少なくありません。

これは確実と言える根拠がある訳ではないのですが、過去の歴史を遡ってみると決して偶発的なものという訳ではなく、ちゃんとした理由があるのです。

餃子はも中国が発祥となる食べ物で、紀元前から中国では食べられていたとされています。

遣唐使や遣隋使などの活躍によって中国から色々な文化を取り入れてきた日本ですが、餃子が日本国内で食べられるようになったのは実は結構時代が経過した明治時代からとされているのです。

とはいっても明治時代や大正時代の頃はまだ一般的になっていたと言える状況ではなく食べたことも見たこともないという方が少なくなかったとされています。

庶民的な食事のメニューの1つとして一般化するようになったのは太平洋戦争の後で、今現在の広まり方から考えると驚きですが、日本国内では、およそ70年ぐらいの歴史しかないことになるのです。

●この太平洋戦争と発祥の地の中国と宇都宮の関係に秘密がある

また、この太平洋戦争と発祥の地の中国と宇都宮の関係に秘密があります。

戦争が行われるときには軍隊を組む必要がありますが、かつては陸軍第14師団と言う軍隊が宇都宮市に本拠地を置いていたのです。

この軍隊が置かれたのは太平洋戦争の直前ではなく、明治時代の1908年のことになります。

これ以後の日本は満州事変やシベリア出兵という事件が起こり、そういった事件が起こるたびにこの陸軍第14師団も中国大陸に出兵されたのです。

1937年に日中戦争が開戦されて中国に陸軍第14師団は派兵されて、戦いの日々を中国大陸で送りました。

中国の東北部である満州に1939年に移り1941年には太平洋戦争となり南方戦線に陸軍第14師団は派遣され、そのまま軍隊としては日本に戻ることはなかったのです。

しかし、それは軍隊としてのことであり、その軍隊に配属されていた兵隊の方は日本に戻れなかった訳ではありません。

病気になったり、怪我を負ったりしたために日本に戻ってきた兵隊の方もいますし、負傷兵や亡くなってしまった兵隊が出たときには補充するために新たな兵隊を派遣させる必要があったのです。

そういった意味合いでは、軍隊が日本の国外に派遣されていても本拠地の宇都宮市と縁がなくなってしまったという訳ではなく、中国の東北部に派遣されていたときに故郷に色々な理由で戻らなくてはいけなくなった兵隊が餃子を普及させたということになります。

●栃木県と中国の東北部は、両方とも内陸性の気候の土地で、風土が似ていた

栃木県と中国の東北部は、両方とも内陸性の気候の土地で、風土が似ていたことも宇都宮市で餃子が親しまれるようになった理由の1つとなっているのかも知れません。

耕作される作物も類似していて中国で食材に使われていたものが栃木県でも簡単に入手することが出来たということも大きな要因の1つです。

餃子には韮が必要不可欠ですが、実は韮の生産量は栃木県が日本で最も多い地域となっています。

このような過程を経て広まっていったことが考えられるのですが、それでも直ちに知れ渡って日本全国に広がったという訳ではありません。

日本全国に知れ渡るようになったのは1990年代のことで40年以上の月日が経過していたことになります。

●餃子の特徴は、とても手頃な値段で楽しむことができること

それは町おこしが成功したということが理由に挙げられます。

1990年頃に、市役所の職員が観光PRや町おこしになるような名物がないか探していたときに、宇都宮市は日本全国各地と比較して餃子を消費する量が非常に多いということに気がついて、このことを上手く活用して町おこしを行おうとしたことがきっかけとなっているとされています。

とはいっても、単なるひらめきや思い付きだけで成功する訳ではありません。

実際に家庭で餃子の消費量が非常に多かった事実と、基盤があってこそ成功する可能性が高かった訳で、そのいった意味で太平洋戦争の後に餃子が持ち込まれてから家庭の味として脈々と受け継がれてきていた地元の文化を無視することは不可能です。
(※和商コーポレーションの餃子について詳しくはこちらへ⇨和商コーポレーションの餃子の評判は?
それからは雑誌やテレビでピックアップされるようになり、元々餃子の消費量が多い地域であったこともあって地元の飲食店もどんどん増えるようになって、そのことが観光客を招くための原動力になっているという良い循環が巡り今現在に至っています。

宇都宮の和商コーポレーションなどの餃子が持つ特徴として挙げられるのは、とても手頃な値段で楽しむことができることです。

保育園の待機児童問題は本当か

●保育園の待機児童問題は真実なのか

一昔前に保育園の待機児童問題が大きく取沙汰される事がありましたが、今はまるでそんな事は無かったかのように特に何も無くなってしまっています。

これは本当にそれほどに騒がなければならない問題だったのかという事を考えなければならない事と言っても良いかもしれません。

まず問題なのはメディアであることは間違いないでしょう。

ここが殊更問題を大げさにいうので、国が動かざるを得ないように事態にもなったわけです。

そして、これは国が動いてどうにかなるようなものなのかというとそうでもありません。

何しろ保育園の有無は義務教育でも何でもありませんから、国が管理していることではないのです。

政府が管理しているのは保育園の質の事であって数を管理しているわけではないので、これを急に社会問題だといって増やせといって増やせるような話ではないわけです。

むしろ国は質を高めるために制限をしている側だと言っても良いかもしれません。

援助金を出すような事はしていますが、それは経営が成り立たないからであって、待機児童が多いからとか少ないからというような事を政府が考えるような事でも無かったわけです。

それをどろんこ会などの保育園の待機児童問題だといって政府に問題を投げつけるという事をメディアが一斉にするので、これに乗せられた人達が国会の前に行って、自分も保育園に落ちたというような事をプラカードまで作って押しかけるというような人まで出てきてしまいました。

●メディア責任と言っても良い

まさにメディア責任と言っても良いでしょう。

これが義務教育であれば、国の問題だという事で話は分かります。

当然落ちた人は怒って良いでしょう、国にプラカードを持って押しかけるべきといえるかもしれません。

ですが、問題は保育という義務教育でも何でもないところで起きた政府としては全く関与していなところで起きた事にも関わらずに政府の責任だとメディアが騒ぎ出してこのような事になってしまったというわけです。

そして、メディアの関心が別に所に行くと、あっという間に無かったかのように話題性も無くなっていくという、非常に良くない事態になっているというのが今の日本の現状という事が言えるでしょう。

●既に情報がメディアによって誘導されているという明確な証拠

既に情報がメディアによって誘導されているという明確な証拠という事が言える状態です。

このような事になった原因は一つでメディアに情報を独占させるという特権を与えてしまったからです。

これが独占ではなく競争という事であれば、メディアどうしがお互いを監視する問う事をするようになったと思われるのですが、独占させるという事をしたので、メディアどうしでチェック機能が働かなくなり、同じことを同じようにする巨大メディアが誕生してしまったというわけ。

●日本のメディアはどこのチャンネルを見ても同じような事を同じようにする

その為、日本のメディアはどこのチャンネルを見ても同じような事を同じようにするという世にも不思議な状態が出来上がってしまったわけです。

同じ方向をメディアが向いていれば、それで安心でわざわざお互いをチェックしあって問題点をあぶりだすような事はしないでおこうという協定が出来てしまったというわけです。

このメディアのおかしなところは自分達は常に例外だという事を自覚しないという事まで生み出しました。

例えば何か問題があった時には、常に第三者にチェックをしてもらうという事をすることが今では常識になっているにも関わらずに、メディアに問題があった時には、メディア自身が創り出してメディア自身がお金を出しているBPOにチェックをしてもらうという事で自分たちは正しい報道をしているという不思議な事をいいだすまでになってしまったわけです。

メディア以外は第三者が必要で、メディアは第三者ではなく身内がチェックするという意味不明な事を言っているのですが、それをネットから指摘されると、ネットは不正確な情報が多いという事で、そうした事は報道しない、若しくはネットの違うところだけを指摘して報道するという極めて自分勝手な事をするようになったわけ。

しかもこれをほとんど全てのオールドメディアがするという事になっているわけですから、独占というものが如何に恐ろしい事なのか問う事が分かります。

どこか一つでも違ったことをすれば、それで自分たちは除け者にされるという意識が働くのか、常に同じ行動をとるという不思議な事を今でもするようになっている。

これまでは、こうした事をしていても情報を独占してきたのは、オールドメディアだけだったので一般の人がこうした行為を知る事はできなかったのですが、今はネットというものがあるので、こうしたメディアの問題についてネットで次々に問題点を指摘される様にもなっています。

何しろネットはオールドメディアに一切の恩恵を受けていませんから、全くここと同調する必要性が無いわけ。

そのため、保育園の待機児童問題についても全く別の視点から報道をしていて、こちらの方が真実に近い報道をしているという事は多くの人から支持されることからも分かります。

ジェネリックが推奨される時代の新薬

ジェネリックと新薬について

何らかの治療薬を継続して服用し続けている場合、本人が後発医薬品ことジェネリックへの切り替えを拒否している場合を除いて、新薬こと先発薬にこだわって処方を受けている人はあまり多くないと考えられます。

医師や薬剤師が確認することもありますが大抵の場合は処方された薬が先発かジェネリックかをさほど意識せずに服用する患者が多く、長めのカタカナ表記が多い薬品名を見て、先発薬かどうかをすぐに判別できる人もあまり多くないと考えられます。

ジェネリックは先発薬で使われている有効成分の特許が切れたものを、先発薬を開発した以外の製薬メーカーが活用して自社の医薬品として製造販売しているものですが、建前の説明としては有効成分が先発薬とまったく同じであることから分量が同じであれば有効性は全く変わらず安全性も先発薬で実証済みということで、安価なジェネリックに替えるのは至極当然の流れといった状況になっています。

新薬では起こらなかった副作用が出ないとも限らない

とは言え先発薬とジェネリックはまったく同じ薬という訳ではなく、有効成分は同じでも自社のジェネリックとして製品化する過程で、錠剤やカプセルにするために使う添加物が各社で違って来ることから、服用する患者の体質によっては新薬では起こらなかった副作用が出ないとは限りません。

例えば錠剤にする際に使うでんぷんがトウモロコシかジャガイモかの違いでどちらかにアレルギーがある人や、カプセルのゼラチンにアレルギーがある人の場合、ジェネリックに替えたことで体調不良を起こしかねないことも考えられます。

東洋新薬より引用

食物アレルギーがある人は先発薬からジェネリックに変更する場合はその点に注意し、医師や薬剤師に薬の詳細を確認してもらうことが大切です。

薬の価格が安く抑えられる

ジェネリックに切り替えることで最も大きなメリットはやはり薬の価格が安く抑えられることで、患者にとっても医療保険制度の維持のためにも非常に大きなメリットであることが強調されています。

そのためジェネリックへの切り替えは医療費のさらなる抑制を目指す政府の方針でもあり、普及率の目標を掲げて推進しているものです。
その流れの中で、莫大な費用と長い年月をかけて新薬を創り出すということがさほど歓迎されなくなってしまった面があり、日本では画期的な効き目がある新薬でも安く創れないと意味がないといった雰囲気が高まる気配すら漂うようになっています。

患者の財布に優しく国民皆保険制度を守るためにも良いからとジェネリック普及率アップが重視されていますが、日本で生まれる新薬が今後減少する可能性がある点には注意を払っておく必要があります。

こくみん共済の保険を利用してみた

こくみん共済の料金は?

保険料金を安く済ませたいので、友人に勧められて、こくみん共済の保険商品を利用することにしました。

私が利用した保険はこくみん共済の総合タイプです。

入院保障だけでなく、死亡保障まで幅広く対応しているので、少ない費用で多くの保険を選びたい方におすすめできます。

月々の掛金は、たったの1800円なので、携帯代の料金などを安いプランに買えるなどするだけで十分まかなえます。

加入できる方は満15歳から満59歳の健康な方に限られるので、健康で若い方はお早めに加入しておくことをおすすめします。

2016年の割り戻し金は月300円もあり、16パーセント以上も手元に返ってきます。

入院や通院だけでなく、死亡や傷害など多岐にわたって対応しています。

死亡や重度のケガなどを負ってしまった方には1200万円、入院日額5000円を保証してくれる安心のサービスです。

保険をする際は、保証してくれるお金が多ければ多いほど良いです。

もし自分が死んだり、重度のケガなどを負ってしまった場合の遺産を残すためにも保険に加入しておくべきだと私は考えます。

交通事故の場合は1200万円、不慮の事故は800万円、病気などは400万円も支給してくれます。

こくみん共済の手続きは簡単

手続きは簡単で、こくみん共済のサポートセンターのフリーダイヤルか、ウェブフォームで申し込みをするだけで大丈夫です。

後日こくみん共済の方が審査を行い、事前に指定されていた銀行口座に現金が振り込まれます。

総合タイプは結婚して間もない方、それまで医療保険のみだった方、旦那様とお店を経営している方などにおすすめできます。

保険料を安く抑えることができるので、生活費を稼ぐだけで限界な方でも問題なく支払うことができます。

月に1800円払えばいいだけなので、自分の将来に向けて地盤を固めることは簡単です。

お金がある方は月々の掛金が3600円の保険プランもあります。

割り戻し金は月に600円もあり掛金の16パーセントを超えています。

これは業界の中でもかなり高い割り戻し金です。

交通事故の場合は2400万円、不慮の事故の場合は1600万円、病気などは800万円と、1800円のプランに比べて2倍の保険金が与えられます。

保険金の掛金が少しでも多く払える方であれば、3600円の保険プランに加入したほうが良いでしょう。

安心安全のプランにより、もし自分が死んだときや病気で働けなくなったときにも問題なく生活することができます。

こくみん共済はプランが豊富

お問合わせはこくみん共済のフリーダイヤルにおかけするか、お問合わせ用のウェブフォームよりお問合わせください。

死亡保障が最高3000万円のプランもあります。

月々の掛金が5400円とやや高額ではありますが、危険な場所で働くことが多い方や、誰かに命を狙われている可能性のある方にはおすすめできます。

2016年度の割り戻し金は900円と掛金の16パーセントも返却されます。

交通事故は3000万円、不慮の事故は2400万円、病気などは1200万円とかなり高額の保障があり、もしものときがあっても安心して生活することができます。

身体に傷害が残ったときには、交通事故なら1350万円から60万円、不慮の事故では1080万円から48万円も保証してくれるので、事故が多い方でも大丈夫です。

この大型タイプは、工場などの危険な場所で働くことが多い方、タクシーやトラックの運転手、電力会社の施設で働いている方におすすめです。

月々5400円の掛金を支払うことになるので、収入が安定している方で、なおかつ事故に合う可能性の高い方が良いでしょう。

終身医療5000という就寝保障と一緒に契約するともっと安心です。

終身医療5000とは更新による掛金アップが無く、常に一定の掛金で加入することができるので、生活費を一定に保ちたい方には都合が良いでしょう。

加入できる方は満15歳から満64歳の健康な方が加入できます。

シニア層でも加入できる保険プランなので、お年寄りでも安心です。入院リスクは年齢を重ねるごとに高くなります。

80代になるとこれまでとは違って入院リスクが上がります。

認知症や骨折、内蔵関係の病気にかかり、入院することが多いです。

医療費の自己負担額は一日3000円、食事代や雑費により2000円、差額のベッド代は5000円もかかり、入院にかかる一日の費用は5000円から10000円とかなりお金がかかります。

高齢者の入院は特にお金がかかるので、今のうちからリスクを考えた保険の加入が良いでしょう。

この終身医療5000は手術1回につき、50000円も保障してくれます。

手術の医療費は高くなりがちで、通常の保険では間に合わないことも多々あります。

お支払できる手術には限りがあります。

皮膚や乳房、腹部や尿、目などの部位に限られるので、事前に確認すると良いでしょう。

全労済の規約に定められた手術を受けた場合にお支払いの対象となります。

※こちらの記事もよく読まれています
国民共済

自宅への不法投棄対策とは

不法投棄のイメージ

不法投棄と聞くとどこかの山奥へ大きなベッドマットなどを運んで行って捨ててくるといったようなイメージがある人も多いでしょう。

しかし、不法投棄はもっと身近なものです。

例えば、家に置いてあったボロボロの自転車でちょっと駅前にと出かけて行って、戻ってみればタイヤはパンクしているしもう走れない、これにお金をかけて修理するのは勿体無いからここに置いていこう、というのも要らないものを不法に投棄していることになります。

そして例えば、天気の良い日に友達と川原でバーベキュー大会をして楽しんだ後に、普通のゴミはまとめて持ってかえるけれども燃えカスの炭は放置でいいでしょ、というのもダメです。

これも他の誰にも要らないもの、つまりゴミを不法に投棄したとみなされます。

こう考えてみると、私達は誰でも違反していることがあったかもしれませんね。

不法に物を捨てるというのは勿論法律違反で犯罪ですから、個人であっても罰が科されます。

5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金もしくはこの両方と定められています。

これが個人でなく法人であった場合、3億円以下の罰金となります。

不法投棄の対処法

では自宅の庭や自分が所有する土地などに不法投棄をされていた場合は、どうすれば良いでしょうか。

その対処法も見ていきましょう。

まず普通のゴミであった場合です。

例えば空き缶やタバコの吸殻、お菓子の袋などです。

これらは不愉快かもしれませんが、一般的には騒ぐほどのことでもないと判断されることが多いでしょうから自分で分別して捨てるしかありません。

しかし最近は袋に劇薬や爆発物、ガラスの塊など危険なものを入れて放置する悪質な犯罪も多発しています。

そんな場合でしたら無闇に触ってしまうと危険ですので、警察に電話しましょう。

テロ対策として警察でも注意を呼びかけていますので相談という形でもいいですから電話をして下さい。

その場合は、袋や箱は開けず触らずそのままにしておきましょう。

動かしてしまった場合には仕方ありませんが、出来るだけ場所も動かさないほうが良いです。

連絡をするのは地元の警察にし、出来るだけ110番は避けます。

その理由は大げさにならないためで、110番通報になるとサイレンを鳴らして駆けつける場合があります。

もし何事もなければ多少恥かしい思いもしますので、とりあえずは地元の警察に電話で相談し、判断を仰ぎましょう。

また、一度ゴミが投げ込まれていたというだけならともかく、度々投棄されるのであれば、それも警察に相談しましょう。

警察は民事不介入なのでゴミが投げ込まれるというだけでは動けません。

しかし何度も続く場合には悪意があっての行動かもしれませんから、ゴミの投棄以外でのトラブルに発展する可能性があります。

警察では相談したことは記録に残りますので、その意味でも一度話をしておくことがおすすめです。

次に見たかんじが明らかに普通のゴミで、危険ではないだろうと判断出来る物の場合です。

例えばボロボロのベッドマットレスや自転車、家電製品などです。

この場合には警察ではなく市役所に電話をしましょう。

法律で、「不法投棄を見つけた日とはそれを速やかに自治体に連絡しなければならない」と定められています。

しかし基本的にはゴミの処分は自治体では引き受けてくれませんから、投棄した人間が判らない場合には自分で処分しなければならないでしょう。

理不尽ではありますが、これはどうしようもないのが現状です。

不法投棄は残念ながら現行犯でない限りは中々捕まえることが出来ません。

ですから敷地内に投棄されないように対策をすることも大切です。

自分で出来る主な対策としては、庭や敷地内を荒れたままにしないこと、自宅から離れている所有地にはロープをはって立ち入りが出来ないようにする、看板を立てて立ち入りや投棄禁止を明確にする、防犯カメラを設置するなどです。

自分で出来る対策はしておくことが大切

普段からよくゴミを投げ入れられる家には特徴があり、それは垣根や壁が大きくたっていて敷地内が外から見えない家です。

外を通る人間の視界に入らなくなることで罪悪感も湧きにくく、気軽にポイと投げ込んでしまうということが人間にはあります。

プライバシーを重視するあまりに塀や目隠しを多くしていると、ゴミを投げ込まれるリスクは高まってしまうので、そういう場合には目隠しを減らしてみて効果があるか確かめましょう。

または、外を通る人間からでもよく判るようにホームセキュリティ会社のシールを貼るという手もあります。

空き巣でも鍵が2つ以上になるとやめるといわれますが、人間は面倒なことを避ける生き物です。

ここは何か面倒なことになりそうだな、セキュリティが強そうな家だな、と相手に思ってもらうことで投棄を回避することが出来るかもしれません。

ホームセキュリティ会社はセンサーに触れることで駆けつけてくれますから、不法投棄の現場を押さえることも出来るかもしれません。

後で不愉快な思いをしないで済むように、自分で出来る対策はしておくことが大切です。

あと家の敷地内に後回しにしておいた大型ゴミなどが沢山おいてあると不法投棄されやすくなるかもしれません。

大型ゴミの処理にお困りの方は、井草実業などの専門業者に任せるといいでしょう。
参考になるサイト
井草実業

誰もが無理なく参加できる飲み会の考え方

会社の飲み会について

飲み会はお酒を飲みながら会話をするのが目的で、楽しく過ごすことが大切なポイントです。

お酒が前提なので参加は成人に限られますし、飲酒が難しい人はハードルを感じてしまいがちです。

酔うのが目的だと考えている人もいますが、あくまでもお酒は楽しみ方の一つに過ぎません。

例えば飲めない部下にお酒を強要する上司は、尊敬を得るどころか厄介な相手と見られてしまいます。

苦手なお酒が飲めなければ参加できない、そういった飲み会はもはや楽しい場ではなくなるでしょう。

たしかにお酒好きが集まってほろ酔い気分になりつつ、本音で語り合えれば楽しくなるものです。

しかし飲めない人がいるのも事実ですから、そのような人にもある程度の配慮を行うことが大切です。

お酒は勧めても強要しないのが大前提

お酒は勧めても強要しないのが大前提で、無理に飲ませたり飲むように仕向けるのはご法度です。

良かったら飲んでと言われる位の方が、お酒に苦手意識を感じている人の抵抗感は薄れます。

特に若い層には全くアルコールを飲まない人もいますから、飲酒を参加の必須条件にするのは無理があります。

むしろ酔わずに冷静さを維持したままで聞き役に徹してもらえれば、それも楽しい会話の相手になる可能性が高まります。

多くの人たちに参加してもらいたい、あるいは参加したくなる集まりを希望するなら、選ぶ飲み物は自由でペースも問わないのが基本です。

また飲むお酒のアルコール度数も各々の自由で、酔い方も本人に任せた方が窮屈感がなくなります。

飲めないよりは飲めた方が楽しいのは本当ですし、同じような酔い方が共有できれば楽しくなるのも間違いありません。

ただアルコール耐性は人それぞれ千差万別な上に、酔うペースも個人差が大きいので理想通りには行かないでしょう。

それなら思い切って酔うことを目的にするのは止めて、どうしたら誰もが楽しく過ごせるかを考えることの方が有意義です。

酔うのが好きな人ばかりが集まる場合はこの限りではありませんが、幅広い層に参加を呼び掛ける飲み会なら考え方を変える必要があります。

これはお酒が強く沢山飲める人の側の歩み寄りで、楽しい雰囲気を共有する仲間を増やす為の方法です。

お酒に抵抗感がない人は自然体で飲酒を楽しめますが、逆に抵抗感がある人は思いの外ハードルを高く感じます。

ここでハードルを下げてあげることで、間口が広がり参加者が増えたり、会場が盛り上がる結果に結び付きます。

お酒が苦手な参加者の歩み寄り方

一方ではお酒が苦手な参加者の側にも、飲み会の雰囲気を壊さずに楽しむ為の歩み寄りが求められます。

知らない人が多い場や、アルコールの臭いを苦手とする人もいますが、どうしても参加が避けられないケースはあるでしょう。

そういった時はまずお酒が飲めない体質だと断りを入れて、アルコール度数の低いお酒を選び乾杯に参加します。

割っても薄めても構いませんから、飲んでいるかと問われた時の為に、予め飲みやすく作っておくのは良いアイディアです。

決して無理に飲むことはありませんが、少なくとも同じ集まりに参加する一員だと姿勢を見せることは必要です。

普段あまり話をしない距離感のある人も、酔えば口数が増えて面白い話が聞けるチャンスが増えます。

飲めなければお酒を楽しむことは難しいでしょうが、耳を傾けて話に酔うことはできるので、楽しみ方を考えて参加するのが得策です。

話以外にはお酌や料理を勧めて場を盛り上げる、盛り上げ役に徹して雰囲気を楽しくするのもありです。

これなら飲めなくても飲み会に参加できますし、参加者の一人として存在感を残すことができます。

勿論今後もお誘いがあるばかりか、グループの中で評価が高まる可能性にも繋がります。

お酒の場での知識やテクニックも磨けますから、取り敢えず参加してからどう振る舞うか考えても遅くはないでしょう。

集まりの参加には大きなメリットがあって、それは尊敬できる人とそうでない人の見分けに役立つことです。

だらしなく酔ってしまう人には飲酒のペースが早過ぎたり、ついつい欲に負けて飲み過ぎてしまう傾向があります。

反対に自分の酔い方を把握していてペース配分が上手い人は、泥酔に至らない為の自己管理が行き届いています。

飲酒以外にもあてはまる人の特徴ですから、普段においても仕事のペース配分が上手いことが多く、勉強や参考になる可能性があります。

もう一つは同じ苦手意識を持っている人との出会いであったり、そうした人に配慮できる人に出会えることも、苦手を感じさせる飲み会におけるポジティブな側面です。

全員が思い思いに過ごせて楽しめるのは理想的ですが、残念ながら多種多様な人が集まる場では馴染めない人が出てきます。

そのような時に爪弾きにせず許容できる懐の深さと、楽しさを見付けて輪に参加する処世術を活かしたお互いの歩み寄りが重要性を増します。

これらの配慮を行うことで誰もがあまり抵抗感を覚えずに済みますし、苦手な時間が楽しくなったり良い雰囲気のままお開きまで過ごせるようになります。

楽しい飲み会にはアンドモワ株式会社の運営するお店がおすすめです。さまざまなジャンルの食事・少人数から大人数にも対応する個室などどんな飲み会でもぴったりなお店があります。
※参考サイト:アンドモワ株式会社

七騎の会が運営する競馬予想サイトの特徴とは

活用したい競馬予想サイト

最近、なかなか当たり馬券が出ないで困っているという人は、目先を変えて、競馬予想サイトを利用してみるのも良いアイデアです。

長く競馬をやっていると、当たり馬券から見放されてしまう、スランプの状態に陥ることも珍しくありません。

競馬の醍醐味は、自分で出走馬の実績や調子から勝ち馬を当てるところにあります。

しかし、ときには他人の意見に耳を傾けることにより、より競馬に対する理解が深まり、今後の予想の精度が上がることもあります。

世の中には、たくさんの競馬予想サイトがありますが、とりわけ人気と評判が高いのが、競馬セブンという予想サイトです。

競馬セブンは、株式会社七騎の会が運営しています。

この七騎の会は、老舗の競馬新聞で長いあいだ看板記者として活躍した人物や元調教師、競馬学校の元教官などが運営に携わっていて、一般人では知ることのできない情報ソースを持っているのが強みです。

テレビや新聞で報道されている情報なら、手間をかけさえすれば一般人でも容易に知ることができます。

しかし、業界内の人間関係を駆使して手に入れることができる極秘情報だけは、競馬セブンのような予想サイトを通じてしか入手できないのが現実です。

新聞などのマスメディアで報道されている以上の情報を知りたければ、競馬予想サイトを利用するしかありません。

七騎の会が運営している競馬セブン

七騎の会が運営している競馬セブンは、入会手続きを完了させて、入会金や基本料金を支払うと、1開催すべてのレースの予想がメールで送られてくるシステムです。

入会金は2万円、基本料金は1開催(8日間)で3万円となっていますが、毎週のようにお得なキャンペーンが実施されているので、キャンペーンを上手に活用すれば、もっと安い料金で利用できます。

申込みや利用料金の支払いはすべてネットだけでできるので、ほんの数分で利用できるようになります。

支払いはクレジットカードや銀行振込、コンビニ払いに対応しています。

今まで有料の競馬予想サイトを利用した経験がない人は、まず初めに無料の予想を入手してから、正式に契約するかどうかを判断すると安心です。

競馬セブンの公式ホームページでメールアドレスを入力すると、翌週開催分のレース予想が送られてきます。

無料で得られる情報はすべてのレースはなく、数が限られていますが、予想の精度を判別するには十分です。

2万円の入会金や3万円の基本料金は、他の競馬予想サイトと同じ水準であり、毎週競馬を楽しむ人なら、入会金や基本料金にかかった費用をレースで取り返すことは簡単です。

レディースドックで徹底的に調べてもらいました!

知人が病気になった事もあり、急に自分の健康状態が不安に感じてきました。

特に体の不調を感じる事は無かったのですが、専業主婦になってからは妊婦健診以外は、まともな検査を受けていませんでした。

最初は人間ドックを検討したのですが、この場合だと婦人科系の病気までは調べられませんでした。

そこで人間ドックに婦人科系の病気の検査も加えられたレディースドックを受ける事にしました。

まずは病院探しから始めたのですが、私はなるべく患者目線に立って検査を行ってくれる病院が良いと思っていました。

実は私は胃の検査に強い恐怖感を持っていました。

夫や友人の話を聞いて、「絶対にバリウムや胃カメラを受けたくない」と思っていたのです。

ただ人間ドックのメニューには、ほとんど胃の検査が入っています。私自身も胃の不調を感じている訳ではありませんが、100%大丈夫とも言い切れません。

そんな中、バリウムや胃カメラ検査の代わりに腫瘍マーカーなどを使って検査してもらえる病院がある事を知りました。

私同様、バリウムや胃カメラに抵抗がある人に向けたプランです。

少し場所は遠いですが、「ここなら安心して検査が受けられる」と感じ、早速予約を入れました。

受付の方に「オプションとして脳の検査も受けられますよ」と言われ、頭部のMRIも取ってもらう事にしました。

体の方は特に異常を感じていなかったのですが、たまに頭がズキズキと痛む事もあり、少し脳の状態は気になっていました。

こういう機会が無ければなかなか受ける検査でもないので、オプションとして選べたのは良かったと思います。

■採尿から血圧などの測定から検査はスタート

検査当日、まずは採尿から始まり、身長体重の計測、血圧測定、採血、胸部レントゲン、心電図と進んでいきました。

通常の人間ドックメニューが終わった後には、子宮がん検査と乳がん検査となるのですが、こちらも私は詳しく調べてもらいたいと思い、子宮頸がん+子宮体がん、乳がん検査は超音波+マンモグラフィーのプランを選びました。

少し割高にはなりましたが、私ぐらいの年齢になると、そろそろ子宮体がんの心配も出てくる事、また知り合いから乳がんは超音波とマンモグラフィーの両方を受けた方が安心出来るよと言われていたからです。

子宮体がんは痛いという噂を聞いていましたが、実際に受けてみると、やはりかなり痛みがありました。

そして驚いた事に、その検査を受けている時に小さなポリープが見つかったようで、先生から「取っておいて生検に出しておきますね」と言われました。

自分の体にポリープがあった事に少しショックを受けたのですが、先生は「良性だと思うからそんなに心配しなくても大丈夫だよ」とその場で声をかけてもらいました。

■生まれてはじめてのマンモグラフィー

続いての乳がん検査では、まず最初に生まれて初めてのマンモグラフィーを受けました。

こちらも痛いという噂を聞いており、検査が始まるまではドキドキしていました。

検査技師さんに言われるとおり指定の場所に立ち、「ではそのままの状態で動かないで下さいね」と声がかけられた後にプレートが乳房を挟み込んでいきました。

思わず「痛い」と声をあげるぐらい強い力で驚きました。

最初は右、次に左という順番でしたが、左は右に比べて痛みが弱かったように感じます。

マンモグラフィーも人によって感じる痛み方も様々なようですが、乳房の大きさや形によって微妙に痛みも変化するのかな?と感じました。

超音波検査では先生から「気になるしこりなどはありませんか?など聞かれながら診察してもらいました。

ジェルを塗られた時は少しくすぐったい感じでしたが、こちらはマンモグラフィーより断然楽に受けられました。

最後は私が一番心配だった頭部MRI検査です。

私自身は、特に閉所恐怖症という訳ではありませんが、検査前には額と顎を固定され、両耳を覆うなどかなり強くガードされたので、少し不安を感じました。

検査が始まるとかなり大きな音がして驚きましたが、目をつむると恐怖感もそれほどなく、思っていたより早く終わりました。

閉所恐怖症の人には辛く感じる検査かもしれませんが、リラックスして臨むとそれほど不安を感じる事もないと思います。

最後は診察室へ呼ばれ、最終的な結果を聞きます。

子宮がん検査で見つかったポリープ以外は全く異常は見つかりませんでした。

血糖値や中性脂肪など成人病につながる検査数値が気になっていましたが、こちらも正常値で先生からは「この年齢にしては健康体ですね。羨ましいです。」と褒められました。

心配していた脳も問題なく、頭痛の原因はおそらく肩凝りやストレスだろうと言われました。

何も異常が無くて良かったのですが、まだポリープの結果が残っています。

結果が判明するまでは「何か悪いものだったらどうしよう」とドキドキしながら待っていました。

そして10日後、ポリープの検査結果を聞いて、無事に良性だから問題なしと言われ、ようやく心からホッと出来ました。

ここまで徹底的に体の中を調べてもらったのは初めてですが、自分の健康が証明され良かったです。

これを機会に、あまり間隔を開けずに定期的に検査を受けたいと思いました。

福岡で住宅を建てるなら長崎材木店に任せるといい

福岡県を中心に注文住宅の建設を請け負っているのが長崎材木店です。

木で出来た温かみのある住宅を数多く施工してきたという実績が豊富な会社であり、リフォーム業やガーデニングの構築などの分野でも好評を得ているといった特徴があります。

木造住宅に関する悩み事を解決する能力に秀でた専門性の高い職人が数多く在籍しているため、福岡で木造をベースにした住宅を建てたいと考えているなら、そしてその後のメンテナンスも含めて相談できそうな会社に建築を依頼したいと考えているなら長崎材木店に任せると良い結果に繋がる可能性が極めて高いためおすすめです。

長崎材木店が今までどのような住宅やログハウスを作ってきたのかが気になるという方は、公式ホームページ上に施工実例という形で完成された住宅の写真が掲載されていますので参考にするといいでしょう。
(参考:長崎材木店 福岡

具体的にどのようなスタイルの家を作ってもらえるのかが事前に分かるというのは、住宅の建築設計図を見ても理解が追いつかない方からすると非常に有益な参考材料となりえますので、チェックしておいて損をすることはないと言えるでしょう。

モデルハウスに行くのもおすすめ

写真ではなく実際に完成された住宅の外観や内装を見てから建築依頼を出すか決めたいといった希望を持っていらっしゃる方は、長崎材木店のモデルハウスまで足を運んでみることを推奨します。

福岡県内にかなり広めな住宅展示場とモデルハウスを設置しており、事前の予約が必要ではありますが誰でも住宅の作りやデザインなどを目視で確認できるようになっていますので、興味があるようなら訪ねてみるといいでしょう。

ちなみに電車やバスだけでなく自動車で家族全員でモデルハウスを見学したいという顧客への対応として、第一駐車場と第二駐車場が用意されていますので自動車でのアクセスも容易なのだと捉えておいてください。

休日に家族でドライブがてら、新しい家のモデルになるような住宅を見に行けるといったメリットがあるのです。
 
実は私も長崎材木店で6年ほど前に注文住宅を建てた一人です。

家族6人で暮らせる広々とした木造の家が欲しくて、職人さんや営業担当の方などと相談をしながら理想の家を建ててもらいました。

予算も工期も守ってくれましたし、完成した住宅に欠陥などもなかったので非常に満足度の高い施工が受けられたと未だに実感しています。

住宅の品質から考えれば費用は安めだったようにも感じていますので、あくまでも私の体験からくる感想ですがコストパフォーマンスも良かったです。

・関連ニュース
老舗の材木店からビルダーに”転身” キリガヤ