ジェネリックが推奨される時代の新薬

ジェネリックと新薬について

何らかの治療薬を継続して服用し続けている場合、本人が後発医薬品ことジェネリックへの切り替えを拒否している場合を除いて、新薬こと先発薬にこだわって処方を受けている人はあまり多くないと考えられます。

医師や薬剤師が確認することもありますが大抵の場合は処方された薬が先発かジェネリックかをさほど意識せずに服用する患者が多く、長めのカタカナ表記が多い薬品名を見て、先発薬かどうかをすぐに判別できる人もあまり多くないと考えられます。

ジェネリックは先発薬で使われている有効成分の特許が切れたものを、先発薬を開発した以外の製薬メーカーが活用して自社の医薬品として製造販売しているものですが、建前の説明としては有効成分が先発薬とまったく同じであることから分量が同じであれば有効性は全く変わらず安全性も先発薬で実証済みということで、安価なジェネリックに替えるのは至極当然の流れといった状況になっています。

新薬では起こらなかった副作用が出ないとも限らない

とは言え先発薬とジェネリックはまったく同じ薬という訳ではなく、有効成分は同じでも自社のジェネリックとして製品化する過程で、錠剤やカプセルにするために使う添加物が各社で違って来ることから、服用する患者の体質によっては新薬では起こらなかった副作用が出ないとは限りません。

例えば錠剤にする際に使うでんぷんがトウモロコシかジャガイモかの違いでどちらかにアレルギーがある人や、カプセルのゼラチンにアレルギーがある人の場合、ジェネリックに替えたことで体調不良を起こしかねないことも考えられます。

東洋新薬より引用

食物アレルギーがある人は先発薬からジェネリックに変更する場合はその点に注意し、医師や薬剤師に薬の詳細を確認してもらうことが大切です。

薬の価格が安く抑えられる

ジェネリックに切り替えることで最も大きなメリットはやはり薬の価格が安く抑えられることで、患者にとっても医療保険制度の維持のためにも非常に大きなメリットであることが強調されています。

そのためジェネリックへの切り替えは医療費のさらなる抑制を目指す政府の方針でもあり、普及率の目標を掲げて推進しているものです。
その流れの中で、莫大な費用と長い年月をかけて新薬を創り出すということがさほど歓迎されなくなってしまった面があり、日本では画期的な効き目がある新薬でも安く創れないと意味がないといった雰囲気が高まる気配すら漂うようになっています。

患者の財布に優しく国民皆保険制度を守るためにも良いからとジェネリック普及率アップが重視されていますが、日本で生まれる新薬が今後減少する可能性がある点には注意を払っておく必要があります。