資産運用に金が向いている理由

①資産運用の中で金が信用されている理由

資産運用を考えるのであれば金は外す事は出来ないものと考えた方が良いかも知れません。勿論、資産運用はそれをする本人が全責任を持ってする事なので、何を運用するのかという事はその人が責任を持って考えるという事になるわけですが、その時に重要になるのは何が将来的に価値をもつことになるのかという事を考えるという事になります。

資産運用というのはこの将来を予測するという事だと考えれば、運用するものは将来的に価値が出てくる可能性が高いというように考えられるものにするという事になるはず。

では、どのようなものが価値が出る事になるのかという事はハッキリ言えば誰にも正確に予測する事は出来ませんから、誰がどのような事を言おうとも、それが予測の範疇を超える事はありません。

預言者のような人でも未来を見てきたわけでは無いのですから、将来的に価値が出るものを正確に予測する事は出来ないわけで、出来るのはこの金融商品は他の金融商品よりも価値が出る確率が高いかもしれないというぐらいの事で、これを確実に予測するという事は誰にもできないという事になるのです。

とすれば、何を信用するのかという事になるわけですが、一つの考え方としてこれまでの歴史を信用するという事もあっていいでしょう。人の歴史において100年間価値が上がり続けたものであれば、今後も上がり続けるというように予測するのはかなりの高い確率で当たる可能性があるという事は言えます。

たった1年で価値が上昇したものと、100年間上昇し続けているものとでは、その信頼性という事において明確な差があるという事は間違いありません。

②金の価値は歴史が証明している

では、金はどうなのかというと、人がこれを見つけてからずっとその魅力に取りつかれているといって良いぐらいに歴史がその価値を証明しているといって良いでしょう。何しろ全世界でお金として通用することが出来た唯一の物でもあるのです。

今のように昔は貨幣という物がなく、現物によってすべての取引は為されていて物々交換というものが経済を支えていた時代がありました。

ですが、これがあまりにも価値が認められるものとなったので、現物との交換でも使用されるぐらいになったわけです。これがどれぐらいに凄い事なのかというと、世界中の人がその価値を認めたという事になるわけですから、例外なく全ての人が欲しいと考えるものとなったということが凄いわけ。

今でも世界中の人が恋焦がれてやまないのが、この物質ですからこれが如何にとんでもない事なのかという事もイメージすることが出来るのでは無いでしょうか。興味がないという人がいない程に価値が認められているものはこれ以外にはないといって良いかも知れません。

そのため、実物資産というような事も言われるようになっているのも特徴的で、資産運用の商品のように使う事も出来ながら実質的な価値をもっているという事もあると考えられるようになっているわけです。

③金は価値がゼロになることがない

この実質的に価値があるという事は極めて大切な事で、価値がゼロになる事が無いという事を確実視されているという事です。そのようなものはこの世には、これ以外にはなくこの存在という物が極めて稀有な存在ということが理解できるでしょう。(・参考サイト:ゴールドリンクゴールド

物の価値というのはどれだけの人が認めるのかという事でその価値が変わるということにもなるわけですが、万人がその価値を認めていて、それが何千年という時を超えて無くなることが無かったという歴史を考えれば、この金の魅力が如何に凄いのかという事を証明するには十分でしょう。

これが将来的に無価値になるというように考える事の方が無理というのは当然という事になります。

人の歴史というのは様々なモノの価値が目まぐるしく変わる歴史という事でもありますが、これほどに価値が認められ続けていきたという物はありません。

極めて特殊な材質であるという事は間違いない所で、最近では伝導性に優れているということで工業製品などでも使用されるようになっており、既に実需というものでも欠かす事が出来ない材料となったといって良いでしょう。

こうなると工芸品として使われる、産業としても欠かす事が出来ないという事になり、アートとしても部品の材料としても必要な物という事になるわけで、これに対する需要が無くなるという事はまず考えられません。

勿論、可能性がゼロという事は無いわけですが、他のモノと比較するとその可能性は極めて小さいという他ありません。という事になれば、それを資産運用に組み込むというのは当然という事にもなるはずです。

ですから多くの人がこれを資産運用の主軸として考えるようになったという事でもあります。これから世界的には人口が増えるというようにも予測されていますから、そうなればまず多くの需要が見込まれるという事にもなっていきます。

何しろ何千年と需要が無くなる事が無かったわけですから、それが今後急に無くなるというような事は考えられません。